岡山県岡山市北区:沢山のコレクションを出張買取しました

先日の岡山市青江より沢山の買取させて頂きました中の一点を今日はご紹介させて頂きます。

◆マイセン『パゴダ人形』

マイセンは、300年前、ヨーロッパで初めて硬質磁器を生みだしたドイツの名窯「マイセン」。
その繁栄の歴史は、時代の流れや、磁器に果てしない情熱を傾けた人々を抜きにして語ることはできません。
17世紀、ヨーロッパでは中国の磁器や日本の伊万里などが盛んにもてはやされていました。
純白で薄く、硬く艶やかな硬質磁器はヨーロッパでは未だにつくりだすことのできないものであり、列国の王侯貴族、事業家たちはやっきになって製法を見つけようとしていました。
なかでもドイツのザクセン選帝侯アウグスト強王は東洋磁器の屈指の蒐集家であり、アウグスト軍に属する兵士600人とプロイセンの王が所有していた中国の壷151個を交換したという逸話も伝わっています。
強王は、蒐集した磁器で城館を飾っただけでなく、錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーを監禁して磁器製造の秘法を研究させました。
艱難辛苦の末、ベトガーは1708年、ようやく磁器に近いものを作り上げ、1709年には白磁製法を解明、1710年、ついにヨーロッパ初の硬質磁器窯「マイセン」が誕生しました。

『パゴダ人形』

パゴダは中国の神の坐像の形をした香炉、または小像で、マイセンでは1720年以降作られました。1760年プロシアのフリードリッヒ2世が10個のパゴダを注文して、マイセン初期の造型師ケンドラーが型をつくったといいます。男女対のお人形です。頭部のパーツ下方に錘があり、頭がゆらゆらと動くと舌がでます。また両手も動く仕掛け人形です。

蔵の美では、査定,鑑定,だけでも大丈夫ですのでご気軽にお問い合わせください‼

伝統工芸品,備前焼や骨董品は、ご気軽に倉敷の『蔵の美』までフリーダイヤル 0120-932-507

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、古美術買取 蔵の美へお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

関連記事

  1. 岡山県倉敷市:九谷焼,菓子鉢を店頭査定,させて頂きました。

  2. 岡山県高梁市:ガレ,花瓶を出張査定しました

  3. 岡山市東区:備前焼,宝瓶,蛍焼,急須,煎茶器,京焼,煎茶碗,…

  4. 岡山県総社市:煎茶器,備前焼を店頭買取させて頂きました

  5. 倉敷市児島味野:神楽面をお店で買取させて頂きました。

  6. 香川県香川郡直島町:出張にて伊万里焼,錫,茶器,香炉など多数…

PAGE TOP