2022年,令和4年は寅年

十二支の3番目にあたる寅年が主役の1年ですが、十二支の由来や寅年が3番目になった理由をご存知でしょうか?

すっかり十二支は、動物のイメージが定着していますが、そもそも十二支は動物を指すものではなく、日付や時刻、方角を表すものだったようです。

紀元前1600年頃、農作物の成長を記録するために数える方法として考えられたのが始まりみたいで、初めた頃は元々の漢字ともいえる「甲骨文字」を使っていたようでしたが、十二支が考案されて約100年の月日が経った頃から、今ののように「子・丑・寅・卵…」と漢字が使われるようになりました。

その後、中国の王充(おういつ)という方が、十二支をもっと分かりやすくする為めにはどうしたらいいかと考え、現在のように動物を当てはめて数えるようになったそうです。

絵画,備前焼,煎茶道具,中国美術,高価買取実施中‼

家の片付けに出た骨董品は、ご気軽に倉敷の『蔵の美』までフリーダイヤル 0120-932-507

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、古美術買取 蔵の美へお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

関連記事

  1. 岡山県岡山市撫川:掛軸,骨董品,を出張にて買取させて頂きまし…

  2. 岡山県岡山市北区吉備津:備前焼,徳利,茶道具等,多数を出張買…

  3. 総社市秦:備前焼,煎茶器,宝瓶,煎茶碗,などを店頭査定いたし…

  4. 岡山県赤磐市:備前焼を出張買取しました

  5. 岡山県岡山市:備前焼,皿,多数を出張買取しました。

  6. 総社市真壁:茶道具,抹茶碗,棗など多数を店頭査定,買取させて…

PAGE TOP